塩谷神社(鹽谷神社)

スポンサーリンク
塩谷神社 小樽の神社

塩谷神社(しおやじんじゃ)は、小樽最古の神社とも言われている歴史ある神社です。

元々は稲荷神社として創祀され、その後いくつかの神社を合祀して現在に至ります。

境内にはいろいろな石碑があり歴史を感じられる神社です。また御朱印もいただける神社となっています。

スポンサーリンク

塩谷神社 詳細とアクセス方法

  • 旧社格:村社
  • 所属:単立
  • 住所:〒048-2672 北海道小樽市塩谷2丁目20−20
  • TEL:0134-26-1383
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:24時間(夜は危険)
  • 社務所受付時間:概ね9:00~17:00
  • 例祭日:7月10日前後の土日
  • 駐車場:なし(若干の駐車スペースはあり)
  • 公式サイト:鹽谷神社
  • 創建:1680年(延宝8年)

塩谷神社へのアクセス方法・行き方

  • JR塩谷駅から徒歩約15分(約1km)
  • JR小樽駅から北海道中央バス「20/21 積丹線」「18 余市線」「17 塩谷線」に乗車、「塩谷」バス停で下車、降りたところの目の前が塩谷神社

駐車スペースがあるので、車が便利ですが2~3台しか駐車できません。

塩谷神社の御祭神

  • 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
  • 大物主命(おおくにぬしのみこと)
  • 言代主命(ことしろぬしのみこと)

塩谷神社の由緒・歴史

  • 1680年(延宝8年):初代西川傳右衛門家が京都伏見稲荷神社より御分霊を勧請し創祀
  • 1790年(寛政2年):請負人の西川準兵衛が社殿をホッケ澗に創立し稲荷神社と称す
  • 1876年(明治9年) :村社に列格される
  • 1886年(明治19年) :現在の場所へ移転・遷座する
  • 1916年(大正 5年):丸山神社を合祀、その時に鹽谷神社と改称する
  • 1953年(昭和28年) :宗教法人 塩谷神社として発足する。
  • 1958年(昭和33年) :所在地の塩谷村が小樽市に編入される。

なお1680年ではなく1674年説もあり

塩谷神社の代表的なご利益

  • 商売繁盛
  • 五穀豊穣
  • 海上安全・交通安全
  • 縁結び・恋愛成就
  • 金運上昇
  • 子宝祈願・子授かり
  • 安産祈願

塩谷神社の境内末社

  • 伍助澤稲荷神社

塩谷神社の御朱印

塩谷神社の御朱印

社務所にていただけます(不在時多い)。

初穂料は300円でした。

塩谷神社の関連リンク

塩谷神社の参拝レポート

塩谷神社に訪れた時の参拝レポートです。

秋の塩谷神社へ参拝に行ってきた

塩谷神社のフォトギャラリー

*クリックで拡大

塩谷神社

塩谷神社

塩谷神社 社号額

塩谷神社 狛犬

塩谷神社 狛犬

塩谷神社 参道

塩谷神社

塩谷神社

塩谷神社

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました